もうすぐゴールデンウィーク。

楽しみな連休ですが、この時期になると耳にするようになる「五月病」。

特に、新社会人に多く見られるそうなので、今から対策を考えておくといいかもしれませんね。

今回は、五月病対策におすすめのアロマをご紹介します。

024

五月病になる要因は?

どうして五月病になるのでしょうか?

4月から始まった新年度で、生活環境が大きく変わる方が少なくありません。

慣れない環境や人間関係からの緊張やストレスからくる疲れが出やすいのが、ちょうど1ヶ月ほど経ったこの時期にあたるのも要因のひとつ。

さらに、季節の変わり目は自律神経の働きが乱れやすく、精神的に不安定な状態にもなりやすいのです。

このように、いくつかの要因が重なって、五月病になってしまうようです。

 

 

アロマでできる五月病対策

緊張やストレス、自律神経の乱れ…。

こういった状態のケアはアロマの得意分野です。

まずは手軽に、「いい香りだな」と思うアロマをお部屋で香らせてゆっくりしてみましょう。

質の良い睡眠も五月病対策には重要です。

寝る前にお気に入りのアロマを香らせるのもいいですね。

ただし、その場合は香らせる場所に気をつけてくださいね。

fd6f68948a28988e2e95d2e54afc48dc_s

 

五月病対策におすすめなアロマ

緊張やストレスに効果的なアロマはたくさんありますが、今回は自律神経の働きをサポートするアロマをご紹介します。

 

●マジョラム

自律神経のうちの副交感神経の働きを活性化させることで緊張などを緩めてくれます。

ややスパイシーな特徴的な香りなので、オレンジなどの柑橘系の香りと合わせて使ってもいいでしょう。

プラナロム マジョラム 10ml (PRANAROM ケモタイプ精油)

 

●マンダリン

自律神経のうちの交感神経の働きを鎮めることで緊張などをやわらげてくれます。

やや酸味が感じられるオレンジ系の香りで、アロマ初心者の方にも使いやすいかと思います。

プラナロム エッセンシャルオイル マンダリン 10ml

 

●ローレル

自律神経の交感神経、副交感神経両方のバランスを維持して整えてくれます。

少し甘めの香りは、花の香りのアロマとの相性もピッタリ。

プラナロム ローレル 10ml (PRANAROM ケモタイプ精油)

 

 

ティッシュペーパーに1滴垂らして近くに置いておくだけでも充分香りを感じられますので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

 

 

ebce8aa37bde5cdf0d488cbfe651d19d_s